フィンランド語を学ぼう。

フィンランド語は、ウラル語族フィン・ウゴル語派のフィン・ペルム諸語フィン・ラップ諸語(英語版)に属すバルト・フィン諸語の一言語です。フィンランド語は、ウラル語族フィン・ウゴル語派のフィン・ペルム諸語フィン・ラップ諸語(英語版)に属すバルト・フィン諸語の一言語です。主にフィンランド人が使います。

フィンランド語は15格を有します。エストニア語と近いのが特徴です。フィンランド語はウラル語族なので地理的に近いスウェーデン語やデンマーク語など他の北ヨーロッパの言語や、英語・ドイツ語などのインド・ヨーロッパ語族とはかなり違い言語になります。
約600万人の人々がフィンランド語を使います。

フィンランド語では、日本語にはない母音があります。日本人にはちょっと発音しにくいかもしれません。

“u” は、日本語の「う」よりももっと唇を円くして、尖らせて発音します。”y” は、”i” の舌の位置のまま、唇の形を “u” にして発音します。”ö” は、”e” の舌の位置のまま、唇の形を “o” にして発音します。”ä” は、唇を若干横長にした「あ」です。”a” は、アメリカ英語の “hot” の “o” に近く、唇を縦長に大きく開け、さらに舌面を下方に押し下げて「あ」と発音します。

フィンランド語の動詞の活用

フィンランド語では動詞の後に主語を表す人称語尾が付きます。人称語尾が付くことで、動詞が6種類の人称を表現します。

例:
PUHUA 話すMinä puhu n 私は話す語幹    人称語尾

フィンランド語では、否定を表す語 ei は動詞になります。ですので否定される動詞ではなくei の方の語尾に人称を付けます。

例:

Minä en puhu  私は話さない
Sinä et puhu  あなたは話さない

puhua(話す)の活用・直説法
人称 現在形 現在完了形 過去形 過去完了形
1人称単数 puhun olen puhunut puhuin olin puhunut
2人称単数 puhut olet puhunut puhuit olit puhunut
3人称単数 puhuu on puhunut puhui oli puhunut
1人称複数 puhumme olemme puhuneet puhuimme olimme puhuneet
2人称複数 puhutte olette puhuneet puhuitte olitte puhuneet
3人称複数 puhuvat ovat puhuneet puhuivat olivat puhuneet

シェアする

フォローする